Home 歌舞伎を知ろう!おすすめ本

歌舞伎を知ろう!おすすめ本

Pen(ペン) 2015年 7/1 号 [そろそろ、歌舞伎でも。]

雑誌
CCCメディアハウス; 月2回刊版 (2015/6/15)

増補版 歌舞伎手帖 (角川ソフィア文庫)

単行本
増補版 歌舞伎手帖
角川ソフィア文庫 (2012/10/25)

歌舞伎入門 役者がわかる! 演目がわかる!

単行本
歌舞伎入門 役者がわかる! 演目がわかる!
世界文化社 (2014/2/5)

バトル式歴史偉人伝

単行本
ペリー 荻野 (著)
新潮社 (2015/7/22)

愛之助が案内 永楽館ものがたり

片岡 愛之助 (著), 清水 まり (著)
集英社 (2015/3/26)

女を観る歌舞伎

酒井 順子 (著)
文藝春秋 (2014/5/28)

女性が書いた、女性目線の歌舞伎本。「嫉妬する女」「身を落とす女」といった章ごとに、色々な作品に出てくる女性のことが書かれています。

個人的には、筆者の考えに共感する部分が、やや少なかったかも。そういう意味ではおすすめという表現からは外れますが、女性の登場人物にフォーカスしているのが面白い本です。歌舞伎って、ほんとにドロドロしたストーリーが多いですね…(あっき)

歌舞伎のかわいい衣裳図鑑

君野 倫子 (著)、市川 染五郎 (監修, 監修)
小学館 (2008/4/23)

歌舞伎の衣裳が気になる!という方にはこれ。
女性目線の萌えポイントが詰まっているので、特に女性は楽しめるかも。私は「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」の黒繻子に雪持ち竹、雀の刺繍のうちかけと、真紅の着物がとても素敵で気になったので、舞台を見てみたいなぁと思いました。(あっき)

絵本 夢の江戸歌舞伎 (歴史を旅する絵本)

服部 幸(著)、一ノ関 圭 (イラスト)
岩波書店 (2001/4/24)

基本的に絵本です。むかし、ウォーリーを探せという絵本がすごく人気になりましたが、ああいう感じです。

大きな画面に、色々こまかく描かれているから、見るところが多くてテンションあがっちゃう!見ていて楽しい絵本です。
(あっき)

九代目松本幸四郎

中村 義裕 (著)
三月書房 (2014/09)

日本の伝統文化しきたり事典

中村 義裕 (著)
柏書房 (2014/12)